サプリメント情報局

サプリメント情報局

この度は、「サプリメント情報局」をご覧になって頂きまして誠にありがとうございます。

当サイトでは、サプリメントに関する情報を中心に掲載しています。

 

当サイトをご覧になり、是非サプリメントについての知識を深めて頂ければと思います。まず、サプリメントとは何かについてご説明します。

 

サプリメントとは、ビタミン・ミネラル・アミノ酸等の不足しがちな栄養分を錠剤、カプセル状、ドリンク状などにして飲みやすくしたものを指します。

 

病気を予防したり健康を維持するためには、バランスの良い食事を心掛ける必要がありますが、多忙の方は外食やコンビニ弁当で食事を済ませるケースが多く、バランスの良い食事を摂るのはなかなか難しいでしょう。

 

当然、何らかの栄養素が不足するのです。そのような状況の下で、不足している栄養素を補える便利な手段がサプリメントなのです。

 

サプリメントは様々な栄養素を手軽に補うことができるとはいえ、サプリメントを主食にするのは問題があります。なぜなら、サプリメントはあくまでも不足している栄養素を効率的に補うために作られたものだからです。

 

サプリメントはお薬ではないとはいえ、大量摂取すると害悪となるものもあります。そのため、予め注意書きを読んでから摂取量を決めるべきでしょう。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

健康のためにサプリメントをどうぞ!

サプリメントで補える栄養素には様々なものがあります。ここでは、カルシウムとマグネシウムについて見ていきたいと思います。

 

・カルシウム
カルシウムは、牛乳や乳製品に多く含まれる物質です。成人の場合、1日600mgを摂取することが望ましいですが、現実には1日500mg程度しか摂取できていないようです。しかも、カルシウムは吸収率が悪く、実際には摂取した量の約40%程度しか体内に吸収されません。そのため、1日1000〜1200mg程度を摂取するのが望ましいでしょう。

 

カルシウムが不足すると骨や歯がもろくなります。また、高血圧症を引き起こし、動脈硬化を促進させるリスクもあります。 カルシウムは摂りすぎても体外に排出されるため、摂りすぎによる害はないと考えられています。

 

・マグネシウム
マグネシウムは、豆類や海草に多く含まれる物質です。カルシウムの吸収を助けたり、体の中にある酵素を助けるという、脇役的な働きをします。1日300〜350mg程度を摂取するのが望ましいでしょう。

 

マグネシウムは下剤の成分としても使われるため、取り過ぎは下痢の原因となります。また、体内に水分が吸収されにくくなるので、脱水症状も発生する可能性があります。サプリメントを利用する方は摂取量を遵守しましょう。

 

鉄と亜鉛

ここでは、鉄と亜鉛について見ていきたいと思います。

 

・鉄
鉄は、レバーやほうれん草に多く含まれる物質です。成人の場合、1日10mgを摂取することが望ましいですが、現実には1日8mg程度しか摂取できていないようです。また、女性に限って見ると、1日7mg程度しか摂取できていません。鉄は吸収率が非常に悪く、実際には摂取した量の約10%程度しか体内に吸収されません。鉄が不足すると、貧血やめまいなどの症状が起こります。

 

また、鉄は、ヘム鉄と非ヘム鉄に分類できます。ヘム鉄の方が吸収されやすいですが、非ヘム鉄であってもビタミンCと一緒に摂取すれば吸収率が良くなります。

 

鉄の摂り過ぎはサプリメントを大量に摂取しない限り考えられないことですが、大量摂取すると下痢や吐き気などの症状が出ることがありますので、摂取量を遵守しましょう。

 

・亜鉛
亜鉛は、牡蠣やうなぎなどに多く含まれる物質です。人の代謝に関係する酵素を作る役割を果たします。成人の場合、1日7〜9mgを摂取することが求められていますが、たいていの人はこの基準以上の亜鉛を摂取しているので、サプリメントを利用する必要性はほとんどないでしょう。